学校の生き物のお世話

夏の学校行事は何があるのだろう

学校でも夏を楽しもう

学校の六月から八月までの行事は何だろう、と思うことがありませんか。一般的には夏休みがあることぐらいです。六月から八月まではほとんど休みと言っても過言ではないです。休みのときにもギリギリ行事と言えるものがあります。それは、花壇などの花のお世話やその学校が飼っている生き物のお世話です。班や日にちを決めて、一日約三時間のお世話をしなければいけません。それと、大半のところでは水泳をします。だいたい一回に二時間泳いで、週二回ぐらいで行われます。夏は普段の疲れを癒す時期でもありますが、勉強量も多いので、羽を伸ばしつつ、やることはしっかりやっておきましょう。

学校を楽しめることの大切さ

学校の年度ごとのスケジュールにはたくさんのイベントが含まれています。体育祭、文化祭、修学旅行、音楽祭等々の他にもたくさんのイベントがあることでしょう。どのイベントも学生である内にしか楽しめないイベントであると言えます。そうはいっても誰もがたくさんの友達とイベントの楽しみを共有できる人ではないと言うのも確かです。しかし、友達がたくさんいる人、少ない人、明るい人、そうでない人、その人それぞれの個性に合わせた学校行事の楽しみ方もあると思われます。大切なのはイベントを自分なりに楽しむことであって、そこに友達が多いことや性格が明るいなどの差は関係ないのです。

↑PAGE TOP